住宅ローンは変動金利が有利なのか

近年では、変動金利で住宅ローンを使うという人が増加してきています。適用金利が低いので返済額が抑えられる、またたくさん借り入れすることができます。金融機関や、不動産会社も、住宅ローンを組む時には変動金利を推奨することが多いようです。広告に掲載されている不動産の金額は、住宅ローンを使う時には変動金利を選択したものとして試算されていることが多いと言われています。
できるだけ住宅ローンの負担を軽減したいと考えている人には、変動金利制がいいものだと思われがちですが、変動金利を利用することは利点が多いのでしょうか。変動金利を利用して住宅ローンを利用すると、1年に2回金利の見直しがあります。といっても、その都度金額が変わることはありません。変動金利には、1.25倍ルールと、5年ルールが存在しています。
5年ルールというのは適用金利の見直しは半年ごとでたとえ金利が上昇しても5年間は返済額を変えないというものです。1.25倍ルールとは、金利を見直した場合でも、1.25倍以上は増やさないというものです。これで大幅な金利上昇は起きなくなります。けれども、実際の金利が上がっていれば、月々の返済をきちんとしていても元金の返済が遅れます。
金利の上昇ペースが速いと、場合によっては未払い利息が出てしまうということがあるといいます。変動金利では、仮に金利が上昇しすぎて、最終返済日になっても住宅ローンが返しきれなかった時には、未払い利息をまとめて返済することになります。